見えないだけで枯れ木の中には大量の蜂が!?早めの退治を!

時間が経つほど枯れ木の被害は大きくなる〜蜂退治の大切さ〜

蜂が巣を作る場所の一例

蜂は様々な場所に巣を作ります。特に枯れ木が庭に放置されているなら要注意です。幹に穴を空けて内部に巣を作られることがあります。もしも巣を作られているなら業者に蜂退治を依頼しましょう。

蜂刺されの恐怖

蜂の種類によって作りやすい場所は異なりますが、枯れ木の中など雨風がしのげて安全性の高い場所に作る傾向があります。家の近くで巣を作られた場合、刺される危険性が高くなるため早目の退治が必要です。刺されるとどんな症状が現れるか見ていきましょう。

毒性の強さや凶暴性の違い

刺された回数が2回以上になると起こりやすいとされるアナフィラキシーは、その人の体質や複数の蜂に刺されることで1度目で起こる場合もあります。初めて刺されたからと安心せず、蜂退治を業者に依頼してください。

症状の現れ方は蜂の種類によって異なります。どんな蜂が危険なのか知って退治の緊急性を判断しましょう。

全ての蜂が危険な毒を持っていて人を刺すと思っている人もいますが、中には大人しく刺さない種類もいます。腰の部分がくびれていない種類なら、それは人を刺しません。手で捕まえようとすると刺されることもありますが、敵を攻撃するための針ではないため症状が酷くなる心配はないです。一方、腰がくびれているなら毒を持っていて人を刺す種類です。特に体の大きなスズメバチは凶暴なので急いで退治を依頼しましょう。

TOPボタン